読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tktym2t.log

just nonsense.

誕生日はすばらしいツールだと気づいた27歳の夜。

雑記

生存報告もかねて。4ヶ月ぶりですが生きてます。

書きたい事はたくさんあって、
下書きがどんどん増えているのですが、
まとめて記事を書く時間が取れてないです。

1月から4月とつづけて仕事が忙しくなり、
体調を崩したりしてましたが、
徐々に落ち着いて来たので、いずれ記事にします。

新しい期が始まって早々に私は誕生日を迎えました。
上京し地元を離れ、社会人になって5年目になりますが、
誕生日は必ず親と電話をするようにしています。

今年は父親とは5分程度でしたが、母親とは1時間ほど話をしました。
話題の大半は地元に残っている同級生や、お世話になった知り合いの方々の話を聞くのですが、
最近は結婚や出産の話が周りで多いらしく、「そう言う話はいつになるのか」とぼやかれました。
出来るものなら今すぐにでもしたいものです。

話は変わりますが、私は誕生日に長続きしない目標を立てるのですが、
今年は学生時代には無かったお腹周りの贅肉を無くしてやろう、
と心に決めてダイエットを始めました。
まずはストレッチとランニングを1週間続けていますが、
昔よりも体は固くなっていたり、走りも膝があがらなかったりで早くも挫折しそうです。

来年は両親と「今年は社会人になってから1番痩せてる」という話か、
それとも「結局、痩せられなかったよ」という話をしているのか。
どちらにせよ、来年の誕生日に当たり前のように電話をし、
自分と両親の近況報告を出来るように頑張ります。

最後に

実は、3月の後半から4月のはじめにかけて、
地元から母親が遊びに来ていました。
そのときには、一緒に病院に行って主治医からブルガダについての話を聞いたり、
焼き肉を食べに行ったり、誕生日の電話以上にたくさん話した。
けれども、やっぱり誕生日に電話をするって言うのは、
親への感謝の気持ちがあるからよけいに良い気がする。
来年も何事も無く、お互い元気に話が出来るように、
健康に気をつけたいと思います。