読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tktym2t.log

just nonsense.

今年のまとめ。

中二病 同世代 ブルガダ症候群

初記事。
今年はいいことも悪いこともたくさんあったはずなのに、
すぐに思い出して、書きたいと思うことはこれから書くこと以外にない。

10月の終わり

朝起きて、会社に行って、昼頃になったら胸の周りに違和感を感じて、
午後は全身だるくて仕事に集中できない。
こんな日々が続いていたので、ちょっと休日に病院に行った。

病院の先生いわく、自立神経のバランスが崩れているんでしょう。とのこと。

一応、心電図とレントゲンとりましょう。となって、
念のためにとった心電図をまじまじと見ていた先生が

「あっ。。。ちょっと今度、精密検査しましょうか。」

やっちゃったなーと思った。

ブルガダ症候群

「この波形がブルガダ型心電図の疑いがあるので、精密検査して症候群かどうかを判断しましょう」

ブルガダ症候群はこんな感じの病気。
ブルガダ症候群/QT延長症候群/突然死症候群 - 岡山大学循環器内科


簡単にまとめると
「原因がよく分からないけど、普通の人より突然死んじゃう確率が高い症候群」です。
ヤバそうな人はペースメーカーを入れるそうです。

精密検査

12/19(金)に会社を休んで精密検査をした。
サンリズム検査と呼ばれるものです。

「それでは、検査を始めますね〜」・・・
〜5分後〜
「あっ・・・。出ちゃった。検査中断しますねー。」

陽性でした。

友達

検査陽性で淡々と病気について説明したんだけど、
「一緒にいろいろやりたい。だから、来年は楽しいことをたくさんやろう。」
と声をかけてくれた。

その後は、まるで学生のころに戻ったみたいに、
渋谷の天下一品で2:00〜7:00まで語り語り。
すごい中二病な話もしたし、来年はやったことのないことをたくさんやろう。
なんて、馬鹿な話ができた。

こんな友達ができてよかった。

彼女*1

正確には、まだ婚約もしてないのでただの彼女。
ブルガダの話をしたときに一番心配したのは、
彼女の家族に結婚とかを反対されるんじゃないかと。

でも、彼女は速攻で家族に話をしたみたい。

「しょうがないと思って切り替えていくしかない。」
って、心配してくれてたよ。って言ってくれた。

そして何より、彼女自身が心配してるのに、
前向きにいてくれる。
基本ネガティブな彼女だけど、
「70くらいまで生きてくれたら死んでも納得できるから」
って、それまで一緒にいるつもりなのか。

幸せだから、さっさと指輪買って一緒になりたい。
本当にありがとう。

備考

この記事は 光 Advent Calendar 2014 - Adventarの21日目のエントリです。
来年も生きていたらしっかり書きたい。

追記

書き足りなかったので、天一で話した事について書きました。
渋谷の天一で明け方まで語った中二病っぽい話 - tktym2t.log

*1:まだ私は嫁じゃない。と怒られたので修正しました。